第7の栄養素ファイトケミカルは野菜ジュースで摂取せよ!

みんな大好き栄養素!
そんな栄養素は大きく7つに分ける事ができます。
一つ一つ順番に見ていきましょう!

炭水化物

主にお米や小麦、穀物に含まれている栄養素で、体や脳を動かすエネルギーとなります。
しかし摂りすぎると体内で脂質へと変化し肥満の原因になるので要注意です。

たんぱく質

私達の体を形作っている全てのもの(脳、内臓、血液、筋肉、骨etc)の材料がたんぱく質です。
肉類、魚介類、卵、大豆、牛乳などに多く含まれています。

ビタミン

ビタミンは体内で自己生成できないので、食べ物から摂取する必要がある栄養素です。
役割としては、炭水化物やたんぱく質のように生命の維持に絶対必須な訳ではありませんが、健康的に生きる上で欠かせない存在ではあります。

ミネラル

ビタミンと同様に、体の機能を維持・調節してくれる栄養素で、体内で作り出す事は出来ません。
適量摂取が基本で、不足すると欠乏症となり、摂りすぎると過剰摂取となります。

脂質

栄養素の中でも最も高いエネルギーを誇るのが脂質です。
細胞膜の成分やホルモンの材料などに使われています。
近年では食の欧米化が進み、過剰摂取が問題視されるようになってきました。

食物繊維

食物繊維は、皆さんご存じ便通を良くしてくれる働きがある他、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病も防いでくれる事が近年新たに分かってきました。
さつまいも、こんにゃく、わかめや豆類に多く含まれています。

ファイトケミカル

そして最後にお話するのがこのファイトケミカル!
「ファイトケミカル・・・?」
もしかしたら耳慣れないかもしれませんね。
それもそのはず!
これまで、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルを5大栄養素を呼び、そこへ第6の栄養素として食物繊維が仲間入りして定着しました。
そして近年、更に第7の栄養素としてこのファイトケミカルが仲間に加わりました。
比較的認知されたのが新しい栄養素と言えます。

フィトケミカルとも呼ばれるこの第7の栄養素は、美容や健康に大いに役立ってくれる栄養素です。
このファイトケミカルという栄養素は、和訳すると「植物性化学物質」です。
成り立ちは、その場から動く事の出来ない植物が、外敵(虫や紫外線など)から身を守る為に作り出した化学物質です。

そんなファイトケミカルですが、免疫力のアップや健康促進のお助けマンです!
そんな中でも特に注目したいのが、ファイトケミカルの持つ抗酸化力です。

抗酸化力とは、読んで字のごとく「酸化を防ぐ力」の事です。

りんごを切ってしばらく置いておくと、しなしなになりますよね?
あれが「酸化」です。
酸化はりんごだけではなく、私達人間の体にも常時起こっています。
その原因として、活性酸素という物質が挙げられます。

活性酸素は、がん、認知症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こし、老化を招きます。
つまり、ファイトケミカルは、様々な生活習慣病を予防し、老化の進行を食い止める事が出来うる栄養素だという事です。

もっともっと分かりやすく言うと、あなたの大っ嫌いな

  • シワ
  • シミ
  • たるみ
  • そばかす
  • ほうれい線

の進行を食い止める事ができるという訳です!

「え!?そ、そそそれならファイトケミカル摂りまくらなきゃ!!」
と身を乗り出したあなた!
お気持ちは痛いほどよく分かります・・・(しみじみ)

ファイトケミカルはどうやったら摂取できるのか!?

ファイトケミカルは、加熱加工されていない生の野菜や果物にたっぷりと含まれています。
ですから、生の野菜や果物をとにかく毎日3食これでもかって程食べてください。

・・・と言われても、無理な話しですよね?
ファイトケミカルがギュッと凝縮された何かに頼りたいですよね。

ではどうすれば良いのかと言うと・・・?

サプリメントを摂取する

製造過程で様々な処理を加えられている為、サプリメントとして出来上がる頃にはファイトケミカルは死滅しています。

ミキサーで野菜ジュースを作る

高速で刃が回転し摩擦熱を発生させる為、ファイトケミカルは死滅しています。

もう茹でちゃえ!焼いちゃえ!

茹でる・煮る・炒める、という調理方法は当然ながら熱を加えますので、ファイトケミカルは死滅します。

ファイトケミカルを摂取するには低速ジューサーで絞った野菜ジュースを飲もう!

なんなの・・・?
どう足掻いてもファイトケミカルが死滅するこの未来は・・・?

でも大丈夫です!
生きているファイトケミカルを一気にドバドバと体内に入れる唯一の方法がありますから!

その方法は至極簡単!
野菜ジュースを飲めばいいのです。

そしてその野菜ジュースを作る為には、低速タイプのスロージューサーが必要です。
低速タイプのスロージューサーであれば、ファイトケミカルが死滅する事なく、生の野菜・果物を絞った新鮮なジュースをその場で飲む事ができます。

更に低速タイプのスロージューサーで作ったファイトケミカルが豊富に含まれた野菜ジュースは、今大流行中のジュースクレンズダイエットに使う事も可能です。
老け・病気を予防し、なおかつダイエットも出来るという大盤振る舞い!
是非とも一家に一台置いておきたい、心強い家電であります!

>>ジュースクレンズダイエットをするなら絶対必須のジューサーはコレ!

2 Responses to “第7の栄養素ファイトケミカルは野菜ジュースで摂取せよ!”

  1. […] >>第7の栄養素ファイトケミカルは野菜ジュースで摂取せよ! […]

  2. […] >>第7の栄養素ファイトケミカルは野菜ジュースで摂取せよ! […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ